女性

病気かどうか見極めよう

女の人

ほくろが気になるときの対応

ほくろは体のどこかにできる黒色や黒褐色の斑のことで、別名を母斑細胞性母斑と言い、メラニンやメラノサイトが皮膚の一部に集中してできます。紫外線を受けたり刺激によって、メラニンを作る過程でメラノサイトが過剰に活性化することで形成され、良性の皮膚病変です。メラニンは外部からの刺激から肌を守るために必要なものですが、過剰だとほくろとして肌に残ってしまいます。ほくろは先天性と後天性のものがあり、先天性は出生前や直後に現われ、成長するにつれて徐々に大きくなることが多いようです。遺伝性もあり、ほくろが多い親だと子供も多くなることがあります。後天的にほくろができる一番の原因は紫外線だと言われています。他には皮膚への刺激も原因となりますが、きつい下着の着用や靴による擦れや圧迫、肌が荒れているときのメイクによっても引き起こされる可能性を指摘されています。その他に、寝不足やストレス、食生活の偏りなどによってもメラニンの排泄がうまくいかなくなり原因となることもあります。ほくろができた場合、気になることはガンではないかということがあります。ほくろとガンは色や形が似ているものがあり注意が必要です。ガンの疑いがあるものは形が対象でなかったり、色調が均一でなく短期間で大きくなったなどの特徴が挙げられますが、これは専門家でないと判断はできませんので、気になるときは病院で診療してもらいましょう。素人判断は大変危険ですから皮膚科を受診することをおすすめします。女性の場合、ほくろが顔面にできたときは大変気になります。できた場所や大きさなどにもよりますが、目立つものはどうにかできないかと考えてしまいます。シミと違いメイクで隠すことはしにくいし、盛り上がったものだと更にそうです。自分で除去する方法もあり手法が紹介されているサイトなどもありますが、やはり皮膚科や美容医療の門を叩くのが間違いないと考えます。もしものことがあって、傷や跡などが顔に残ったことなどを考えると医療系の専門家に診てもらうのが一番です。医療系であれば皮膚ガンではないという疑念も晴れ、またほくろができにくい対策なども教えてもらうことができ、安心できます。