女性

ほくろの除去の方法と特徴

看護師

ほくろ除去のメリット

ほくろ除去の施術方法はいつか種類があってそれぞれメリットとデメリットがあります。除去手術を行う時はそれぞれの特徴を把握した上で施術方法を選ぶべきです。ほくろ除去の施術として主な方法はレーザー除去と切除による除去です。レーザーを使った施術は保険適用外が自由診療になって逆に切除する施術は保険適用の診療となります。しかし費用はほくろの大きさによっても変わってくるので、場合によってはどちらを選択しても実費額に殆ど差が出ない事もあります。レーザーによる施術のメリットはまず施術時間が短時間で済むという点です。短い時間で終わるので、多忙な人でも問題なく行う事ができます。切除する方法と違ってメスを入れて取る訳ではないので、痛みが少ないので痛みに弱くて痛みが伴う治療が負担に感じる人に適しています。しみ取り用のレーザーなど他の種類のものと組み合わせて使う事でより高い効果を得る事ができます。レーザーでの施術は表面を削るような形で取り除くので、縫合する必要がないので再度通院して抜糸を行う必要がないのもメリットです。費用の面でも特に小さいほくろの場合は切除するよりも安い費用で済む事が多いです。レーザーを使った施術のデメリットは表面を削って取るので、取り残しがあって2度目、3度目の施術が必要になるケースがあります。そうなると費用の面でかなり高額になってしまいますし、治療直後は問題なくても根の部分から再発するリスクがある事もデメリットです。また施術を行ってすぐは患部に赤みやくすみが出やすいです。切除による手術のメリットは切除するので再発するリスクがない事がまず挙げられます。切除するので、傷口はできますが数か月で消えますし、小さい場合はレーザーよりも目立たない事もあります。費用の面でも保険適用になるので、レーザーより高くなる事はまずありません。切除による手術のデメリットはメスで患部を切って取り除いて縫合するので、術後に最低でも一回は抜糸の為に通院する必要があります。メスを使って取り除く手術なので痛みはレーザーよりも伴うため施術時の痛みが大きな負担になる人には適していません。